ご報告

関係者各位様
 
 新型コロナ感染の拡大と自粛モードの中、芸術文化活動に従事されている方々、文化施設の皆さまには苦慮の日々を過ごされているものと存じます。
 
 さて、誠に残念なお知らせをせねばなりません。
 千葉県障害者芸術文化活動支援センターHONGERA(オンゲラ)! を開設して7か月、「さあ、2年度事業に邁進!」と意気込んでおりましたところ、県の選考に落選しました。
 絶句!驚天動地!「いったい何故?」・・・と嘆いても後の祭り、私どもの不徳の致すところと諦めるしかありません。「障がいのある人たちの芸術文化活動の満開の花を咲かせよう!」とこれまで話し合いを重ね、企画も立て合ってきた方々には大へんな落胆とご迷惑をおかけすることとなり、誠に申し訳なく思います。
 
 とはいえ、私たちの「面白い活動」への想いは寸分たりとも後退することがありません。
 これまでのような資金の裏付けを保証する力をなくしましたが、それに代わる「汗と努力と創造性」で、障がいのある人たちの芸術文化活動の発展のために微力を尽くしてまいります。
 これまで話し合ってきた事業への協力を惜しみません。また、新事業者にはなるべく引き継いでいただけるようお願いしようと思います。どうぞ、何かお役に立てることがございましたら、ぜひお声掛けください。
 改めてお詫び申し上げます。
今後ともよろしくお願いします。
 
 『面白い活動は人を街を元気にする!』
 
              NPO法人いちかわ市民文化ネットワーク(いちぶんネット)
               代表理事  吉原廣